忍者ブログ
だらだらと一生懸命生活している、俺の日記だよ。TVゲーム、エミュレーター、地元ラーメン屋の食べ歩き何かの話題がメインです。テリトリーとしては、山形、寒河江、天童近辺です。相互リンクや食べ歩き情報提供等お気軽に連絡ください。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 トムクルーズの「宇宙戦争」みました。
掲示板でもまさとし@札幌さんのお勧めが書いてあったんでね、随分前にこれも借りてたんだけど、見る機会がなくってず~~っとPCの中でHDスペースを圧迫していたタイトルだったりします。
 まずは粗筋紹介。

55132d96jpeg<宇宙戦争粗筋紹介>
 アメリカ東部のニュージャージーに暮らすレイは労働者階級のごく平凡な男。別れた妻との間には息子のロビーと娘レイチェルがいた。そして子どもたちとの面会の日、その異変は何の前触れもなく唐突に訪れた。晴天だった空が突如不気味な黒い雲に覆われると、吹き荒れる強風の中、激しい稲光が地上に達し、地面に巨大な穴を空ける。すると大地が震え、地中で何者かが激しくうごめき始めたのだった。その光景を呆然と見つめていたレイ。町が次々と破壊され、人々がパニックに陥る中、レイは子どもたちのもとへ駆けつけ、彼らを守るため懸命に奔走するのだった。

紹介サイトから転載
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=321599

ってな感じです。
映画自体は中々面白いと思います、恐怖感も伝わってくるし可也楽しめるんじゃないかな。
ただね、最後まで見ていくと可也粗が目立つ感じは否めないね。
何故トライポッドのシールドは突然消えたのか?とか何千(何万かな?)年も前から地球侵略を計画していた奴らがあんな事知らなかったのかとかね。
じゃ~~、今度は旧い方の奴を見てみようと思います。
見ていてふと思ったんだけど、これってスピルバーグだよね、スピルバーグといえばバックトゥーザフューチャーでマーティーがデロリアンで初めてタイムトラベルして農家の納屋に突っ込んだとき、そこの子供が持っていたアメコミって「War of the Worlds」っ立った気がするんだけどどうかな?
次は旧い方の奴を見てみようかな。

宇宙戦争公式サイトはこちら
http://www.uchu-sensou.jp/flashtop.html
PR
bd7867f3jpeg 「エアレース」ってDVDを見ました、ちょっと前にレンタルしてたタイトルなんだけどね。
PCにリップだけしてあって、未だ見てなかったのよ。
DVD-RWに焼きこんで見てみることにしました。

 超音速機で行われる空のレースのお話で空軍の兄弟が主人公です。
物語冒頭、ろくでもない兄貴のおかげで大事故を引き起こしちゃって、レースは禁止になっちゃうんだけどね、4年後TV局やらスポンサーなんかの企画で何とかエアレースを再開するって流れになるのよ。
スポンサー様の意向としては”出来ればハプニングを起こして欲しい”って言う辺りで、色んな波乱含みになってくるのよ。
 俺的感想ですが、何でこんな話になっちゃったの?って言いたくなるくらい流れがおかしい。
主役はこの兄貴のほうなんだけど、まじめに生きてる弟がマジで気の毒になってくるのよ。
弟を主役にしたほうが絶対良かったと思うんだよね~。
 作品中で使われてる機体って「Eurofighter 2000(ユーロファイター2000) タイフーン 」だと思うんだけど、違ってるとしたら可也似てる機体ってことになります。
レースって事なんでミサイル、バルカン等の兵装は搭載されていないわけなんで、派手な戦闘は全く無いんだけどね。
 中盤主人公の機体がダメージを受けちゃうんだけど、あ~ゆ~のって飛んでる最中空中給油機に格納して修理とか出来るんだろうか?
甚だ都合よく出来てる気がしないでもないのですが、戦闘機が好きだって方や、これからタイフーンのプラモを作ろうかななんて思ってる方は塗装のモデルくらいには成るんじゃないかなって位のタイトルです。
34ae5666jpeg実写映画の「頭文字D THE MOVIE」を見ました。
ちなみに字幕版です。
今回も粗筋紹介は致しません!だって頭文字Dなんだからね。

 映画館での公開当初から意見が著しく分かれる作品だったと思うのですが、実際に自分の目で見ての感想としましては。
話に聞いてたほど悪くないんじゃないって言う感じを受けました。
まぁ~、これが5年くらい前だったら又違った事書いてたと思うんだけどね。
5年位前だとバッチリコミックスを買っていた頃だしね、今と成ってはコミックス購入は嫁さんに引き継いじゃって、殆ど内容確認程度にしか読んでないみたいなものなんでね、すっかり熱も冷めちゃってて、その位なテンションで見てみたらば結構見やすいんじゃないのって言うのが大きかったです。
高橋啓介が出てこないって言って、グズグズ言ってた嫁さんもそれなりに楽しんで見てたようですしね。
イツキ役がMr.BOOみたいで非常に厳しい感じがあったけど、熱の冷めた今と成っては「そんなのも有りでしょ」って感じで流してしまいました。
それでもバトルのシーンは見ごたえが有るね、アニメ版だとCGなんでコミックスよりも車の挙動が判り易かったって嫁さんが言ってた事が有ったけど、実写だとこの手のカーアクションはやっぱり迫力が違うよね。
頭文字D熱が冷めてきた位な人間には問題なくお勧めできると思います、未だドップリハマッテル方には可也微妙かと・・・。
f74d23e0jpeg 「機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-」を見ました。
まぁ~、内容はZガンダムな訳なんで、いつもの粗筋紹介は載せない事にします。
イキナリ俺的感想ですが、思いの外楽しめました。
昔のTVシリーズの所謂再編集版って事なんであんまり期待もしてなかったって言うのが本当のところでした。
高校のとき本放送をTVで全部見たわけだし、専門学校の時の再放送も殆ど見たし、さらにはLD-BOXの1と2を予約して購入したりもしたものでね、何を今更って感じになるのも無理ない所でしょ。
いや~、それが実際に見てみたら結構楽しめるのよ、往年のファン的には「そこのシーンでの台詞は・・・」みたいな感じで頭の中で台詞が流れたりもするんだけど、結構変わってたりして新鮮。
カイとハヤトの会話をカミーユが立ち聞きしてたりなど、追加されてるシーンもなかなかでしたね。
ガルバルディーβの肩からビームサーベルが出てくる新機構を見たいがためだけに見たような感じでしたが、これなら次の「恋人たち」も期待しちゃう感じです。
昔見た人にもお勧めですよ。
 先週の土曜日に平安堂からレンタルしてきた、「ULTRAMAN」をみました、ウルトラマンですよ。
映画館用の作品だと思うんですけどね、公開していたときから気に成っていたんだよね~。
先週の土曜日は平安堂恒例のレンタル50円セールだったもので、いい機会なんで借りて見てみることにしました。

8350923djpeg<ULTRAMAN 粗筋紹介>
愛する息子のために退官を決意した空自パイロット・真木舜一は、スクランブル発進後、謎の赤い発光体と空中衝突する。薄れゆく意識の中で彼が見たものは、銀色の巨人だった!奇跡の生還を果たした真木は、防衛庁の対バイオテロ研究機関・BCSTによって身柄を拘束され、凶悪なビースト「ザ・ワン」と遭遇する。BCSTの新兵器などものともせず、殺戮を続ける「ザ・ワン」。これまでかと思われたその時、真木の身体がまばゆい光に包まれ、銀色の巨人へと変身した!戦いの先にあるものは、果たして光か闇か…!?今、伝説の英雄(ヒーロー)が再び大空を舞う!!!


紹介サイトより転載
公式サイトはこちら
http://www.ultraman-movie.com/
っと、まぁ~こんな話よ。
でもって俺的感想はと言いますと~、全然面白くない!
実はこのウルトラマン、空中戦が凄いって話だったのよね。
確かに空中戦のところはこれまでのウルトラマンじゃない!って動きと映像でした、只それまでが滅茶苦茶長いのよ。
主人公がどうしてウルトラマンになったかって所から、敵の怪獣がどうしてそうなっちゃったのかなんて話も有ったりと、テンポが悪すぎても~ウンザリでした。
キャストに
真木舜一:別所哲也/水原沙羅:遠山景織子/有働貴文:大澄賢也/真木蓉子:裕木奈江/真木継夢:広田亮平/倉島 剛:永澤俊矢/曽我部一佐:隆 大介/万城目社長:草刈正雄
と言った名の有る役者さん方を使い、音楽担当にB\'zの松本孝弘を使ったりと湯水のように金を掛けてる割にはって考えると、邦画で金掛けた作品にろくなのはないって言う法則にバッチリ当てはまってしまうんじゃ無いの?って突っ込みいれまくりな感じでした。
お話の冒頭で主人公が所属してる百里基地のF-15Jがカッコよすきるのが悲しいね。
でも、登場してる百里基地のF-15J、ハセガワから出てるプラモ持ってたりもするんで、ちょっと嬉しかったです、ちなみにプラモは永野護のノーズアートの時の奴ね。
俺はウルトラマンなら何でも大好きだ!って方や、私はハムの人のファンよ!なんて人には進めても大丈夫だと思います、俺は裕木奈江のファンだ!ヌード写真集も大事に所有してるぜ!なんて人だとちょっとどうなんでしょう・・・。
まぁ~~、気になる方はどうぞ。
 銀英伝の映画版見終わりました、いや~厳しかった。
キャラクターデザインも俺的には厳しい、はじめからそれ見てれば何のことは無かったんだと思うんだけど、流石に戸惑うよね・・・。
さてさて次に見るアニメですが、何時ぞやのブログでは「テッカマンブレード」とかって書いてるね、確かにそれも2話くらいまで見たんだけど、見続けられるか心配なくらい面白くない・・・。
って事でそれはそれとして別な奴も見始めちゃう事にしました。
今回見始めることにしたのは「蟲師」って奴。
現在TVシリーズで絶賛放送中の奴で、今の所5話までやってるのかな、当然5話まで見ちゃったんだけどね。
これが中々面白いです、お話としては「蟲」に寄生された人間を蟲師が治していくってお話。
孔雀王の最初の頃にお話の作りが似てる感じです。
本屋で1巻立ち読みしたことがあるんだけど、それの帯にTVアニメ化決定!って書いてあって気に成ってたんだよね。
薄気味悪い感じは有りますが、怖いとかってことも無く中々いい感じの雰囲気と世界観ですよ、結構お勧めです。
機会があったら是非どうぞ。
 ガンダムSEEDデステニーの後に始まったBLOOD+、見るのやめました。

蟲師公式サイトはこちらです。
http://www.mushishi.jp/
 銀河英雄伝説外伝の話ですが、やっとこさ全部見終わりました。
いや~、マジで長かった。
本伝で110話、外伝で28話有りました。
実はこの他に劇場版が3本あるらしいです、って言うか既に手元にあったりもします。
劇場版って所謂TVシリーズ(もともとOVAなんだけどね)を切り貼りして作った総集編だと思っていたんですが、全然作り直し的な奴なのね。
ストーリーは当然同じ話を凝縮してある訳なんだけど、キャラクターデザインやメカデザインは一新されてるんだね。
違和感有りまくりだったけど、取り合えず1本目の真ん中頃まで見ました。
意地でも全部見てやる!
さ~~て、銀栄伝がもう少しで見終る事だし、次は何を見ようかね~。
「宇宙の騎士テッカマンブレード」を見ようかな、あれ途中までしか見てないから気に成ってはいるんだよね。

それとMG「νガンダム」の左腕のペパー掛けをおわしました。
部屋が寒くてペーパー掛けも容易じゃないのよね・・・。
a9d7750bjpegステルスって言う映画を見ました。
まづは粗筋紹介から。

<ステルス粗筋紹介>
 海軍が極秘に進めているテロ対策プロジェクトにベン・ギャノン大尉(ジョシュ・ルーカス)、カーラ・ウェイド大尉(ジェシカ・ビール)、ヘンリー・パーセル大尉(ジェイミー・フォックス)の3人がパイロットとして選抜された。さらにそのチームに新たな仲間が加わるが、その仲間とは最新鋭の人工頭脳を搭載した無人ステルス戦闘機だった。

紹介サイトより転載

って言うような話です。
感想としましては、非常に期待はずれでした。
スピード感は無いし、緊迫感も全然無い。
アメリカが「世界の警察」なんだぞ!って事を誇示してるかのようでなんとも後味も悪かったです。
なんて言うのかな?リアルさに掛けるって言うのかな?
無人機”E.D.I.(エディ)”に関してはあんな感じになるのも仕方ないとは思うんだけど、それ以外の部分において非常にダルイね・・・。
やろうとしてる事は理解できるんだけど、つくりが悪すぎるとしかいえませんでした。
戦闘機物に関しては可也辛口に成る傾向がある私の評価です、気になる方はご覧になってみては?多分無駄に話が長いと感じることでしょう。

ちなみに「ステルス」の公式サイトでエディのペーパークラフトがDL出来るみたいです。
□Sony Pictures - ステルス
http://www.sonypictures.jp/movies/stealth/
□ステルス(ダウンロードページ)
http://www.sonypictures.jp/movies/stealth/site/pc/pc.html
あんまり関係ないけど、エディ以外のステルス機ってエースコンバットのX-02に酷似してるような気がしました、しかしあの形状でステルス機って言うのも微妙でした・・・。
 昨日は見なかったんだけど、本日一日ぶりに「銀英伝」をみました。
本日見たのは外伝の「白銀の谷」って言う奴4話です。
エースコンバット5は未だにベリーイジーがクリアできていません、ヤバイ・・・。

ロッテ日本一になったそうですね、おめでとうございます。
今週は日勤の週なんだけど、なんと8時出勤で良いそうな。
ちなみに通常日勤のときって6時か7時なんだよね。
人並みな出勤時間に嫁さんもビックリしてました、俺もビックリだったけど。

 さてさてこの前からえらい勢いで見てる「銀英伝」ですが、本日めでたく本編の最終話を見ました。
最後に誰が死ぬとかは実は色々聞いてて知ってたのよ、なもんだからどの様に死ぬかを見る為だけに頑張って見続けた感じです。
三国志で言うと孔明が死んだ後とかそんな感じかな。
これから外伝の方に取り掛かるつもりですが、今一気乗りしないのが本音だったりもします。
感想としましては中々面白いです、戦術、戦略、政略、そんな感じの用語が好きな方や、三国志や項羽と劉邦なんかの話が好きな方にはお勧めだと思います。
ただSF的にどうかと言うと可也微妙だと思う部分が多々あります、ワープが出来る未来の戦い方ならもっと違う戦いに成るんじゃないか、とかね。
それから見ていて思ったのは、出てくる戦艦の模型(フィギュア)が欲しくなりました、ラインハルトのブリュンヒルトはそうでもないけど、キルヒアイスのバルバロッサの形状が滅茶苦茶気になる・・・、誰か持ってない?ちょっと貸してみろって感じです。
あれって余分な艤装を外すとブリュンヒルトに成るんじゃないの?
それから所々一緒に見ていた嫁さんが、ミッターマイヤーの戦艦ベイオウルフ(多分前期型)を見て座薬見たいだって言ってました、失礼千万だよね(笑)

 取り合えずエースコンバット5の遣り込みプレイに手をかけ様かな、未だ入手してない機体もいっぱい有るしやってないシナリオも有るんでね。
Xbox Live
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フルみっく伝染歌プレーヤー
宇宙世紀・今日の出来事
最新コメント
[09/08 たまこ]
[11/14 大健]
[11/11 まさとし]
[10/20 大健]
[10/19 きょろ]
最新トラックバック
(10/22)
(10/21)
(10/21)
(10/21)
(10/21)
プロフィール
HN:
大健
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]